声があるは幸せ

これまで生きてきて2回、1ヶ月以上声が出なくなった時期があります。
原因はどちらも喉の使い過ぎによってできる声帯結節というもの。

そうなると歌うことはもちろん、会話することもできない。
声がまず音にならない。

リハビリやなるべく喉に負担をかけない歌い方の練習を続けて、今また歌をうたうことができているのだけど、喉が強くない私はきっと好き勝手歌えるのはそんな長くないだろうなと覚悟はしてる。というか覚悟しとかなきゃそうなった時に耐えられなさそうだし。
声が出なくなっても歌うって、きっと私には出来ない。

でもだからこそ、1日でも長く好きなように歌っていたいから自分にできるケアはとことんやりたいし、やってるつもりです。

今はまいにち歌配信とかやっていて前の自分からしたら結構な奇跡。
それでも調子悪い時とかライブ前は筆談とかにさせてもらってたりするのだけど、それでも理解してくれるリスナーさまに感謝。

ステージに立つ日は、その場所がどこであったとしても自分の持てる120%の声で歌いにいきたい。
その為に出来ることをしなくては。

声が出るって本当に幸せなこと。
誰かに言葉で何かを伝えられることって素晴らしくて有難いことです。

歌うなんて、もう。

有難いです。