2019.10.22「咲く意味は」

まだ余韻に浸ってます。
抜けられません!

本当に幸せな時間でした。

台風の影響で10/12に開催予定だったらライブが延期になったワンマンライブ、無事に開催できて本当に良かったです。
直前の日程変更にも関わらずたくさんの方のご来場、ありがとうございました。
来れなくなってしまった方にも届くように歌ったつもりです。届いたかな。

愛するバンドメンバー。brothers。

左から
Keyboard 白石なる
Bass 渡部かをり
Drums 馬部真也
Guitar &Chorus 町田雄崇

私のやりたかった演出や演奏を全て叶えてくれました。
言いたかったことや伝えたかったことは全部曲の中に詰め込んだつもりです。
でも、まだまだ色々な経験をして生まれた色んな感情を言葉と音にしていきたい。

27年生きたことは既に長くもありますが、短くもあります。まだ見えてないものがたくさんある。今見えてるものは大切に無くさないように、これからも触れて感じたい。

そして、昨日のセトリはこちら!

セトリポスターを作りました。
きっとこれは喜んで貰えると思って作った!
当日お披露目のグッズというのはこのセトリポスターのクリアファイルでした。
ゲットしてくださった方使ってね✩.*˚

そして、何よりCD。
2ndフルアルバム、「咲く意味は」

手にしてくれた方聴いてくれたかなぁ。
たくさん聴いてもらえますように。
たくさんたくさん時間をかけて、たくさんの人の力が合わさった、今の私の最高傑作だと思っています。

ぜひ、感想も聞かせてください。
お待ちしています!

私の衣装はもちろん、バンドメンバーの衣装にもこだわりました。
お花と誰かの人生をかけたテーマのライブだったので、メンバーにもお花のアップリケを縫いつけてみた。

あんまり目立たつことなく、さりげなく咲く花をイメージしました。
大きくて綺麗で愛される花も目立たないで誰にも見つけられない花も、誰もが同じく生きる意味は、それぞれが自分で意味をつけてこそ存在するんだと言いたかった衣装でした。

全てのことに意味なんてない。
ないから美しいと思うのです。
そこに意味をつけるから尊いと思うのです。

そんなことを思っていてもすぐに忘れて日々いろんな感情が芽生えるわけで、それはそれで人間としてちゃんと生きてるなって感じです。

終演後のオフ会も参加してくれた方ありがとうございました。
オフ会って初めてやったけど、あんな感じで良かったのでしょうか。あまりお話できなかった方、ごめんなさい。
でも、ずっと応援してくれてる方とやっとお会いできたりプレゼントを届けてくれたり、写真撮ったり。とても楽しかったです。
次開催する事があればなんかもうちょっとなんかやろうと思います。

サプライズお誕生日ケーキまでいただいてしまった・・・!こんなに盛大に祝ってもらったの初めてで、しかもケーキが可愛すぎて、もう。

たくさん準備してくれたこと、本当に感謝です。
嬉しすぎます。

そして、見て!

お守りやタオル、缶バッチを手作りしてプレゼントしてくれた方も。なんか私が描いた子たちより可愛くなってる・・・・・!素敵すぎます!!
大切に使わせてもらいます。

その他にもたくさん心のこもったプレゼントを貰ったり、1ヶ月くらい食料買わなくても大丈夫そうなくらいお洒落なお菓子もたくさんありがとうございます。

そして、これね、これ。

どうゆうことー!素敵ー!でっかー!
持てる分だけ持って帰ってきてお部屋に飾らせてもらっています。

お部屋お花の香りでいっぱい。幸せすぎる。
ずっと枯れないで咲いててくれたらいいのにな。

愛する詩央里brothersの仲間たち、大好きな素敵美容師さんさみこさん、忙しい中なんとか駆けつけてくれたカメラマン高島さん、惚れ込んでいる会場恵比寿天窓.switchの皆さま、そして、会場へ足を運んでくれた足を運んでくれた皆さま、来ることはできなかったけどエールを送ってくれた皆さま、本当にありがとうございます。

2020年、つくりたいものが見えてます。
新しいCDを届けるために活動しつつ、新しい音を届ける準備をはじめます!
どうか、楽しみにしていてください。

詩央里でした!