あなたの魅力

求められているものを正確に理解して、
相手の状況に合った言葉を使い、
その人に寄り添いながらも必要なものを提供する。

仕事のできる人はすごい。
周りにも一目置かれてるし必要とされる。
どこにいっても大体のことは完璧に出来ちゃうんだろうな。
その人たちはその人たちで間違いなく努力してるしたくさん苦しんでると思うけど。

でも、そうなりたくてたくさん努力してもそうなれない人はどうしたらいいんだろね。

出来なくても許されるほど甘い社会でもないが、
「人よりもできない人」に周りの大人たちの視線がとても冷たいなと。

でもそんな視線の中休憩時間も
分からないことの復習をし続ける彼の姿に
それこそがその人の魅力だと思ったんです。

できなくても、周りに置いてかれても、
努力し続けるなんて苦しいよどう考えても。
それができるって誰でもできる事じゃないでしょたぶん。

1教えて10分かる人もいれば、
同じことを何度も何度も説明しても伝わらない人もいることなんてはじめから分かりきったことなはずなのにな。

今頑張ってる彼に対して超余計なお世話だよなぁとか思いつつ、でも苦しくなりすぎる必要だって無いはずだよなぁ、いやでも自分で選んでここにいるんだからそれはそれでいいのか、とか。

なんだか色々と考えてしまう一日でした。

結局、結論分かんなかったけど、
誰かのいろんな魅力が色んな形でいきればいいよなぁ。
案外気付かない自分の魅力が、誰か為になったり何かの役に立つのならそれって嬉しいことな気がしてる。

さ、今日は早めに寝よ。