思い出の残骸

思い出。

これまでの日々、後悔もなければ戻りたい日もない。
取り返しのつかない失敗やもう元に戻らない失ったものはたくさんあれどその時にやれることは全部やってきた。
それ以上のことはその時の私にはできなかった。

思い出。

あんなに幸せな出来事も、思い返す時には苦しくなる。
幸せであればある程苦しくなる。
それは多分思い出の残骸のせい。
その場に残された時の破片がそうさせる。
流れゆく時間の中、ポツリと取り残された時の迷子みたい。

思い出。

これまでの生きた日々が味方して今を生きていける。
でも、少し距離を空けて置いておきたい。

いつも一歩後ろにいる思い出たち。
彼らに精一杯の感謝を込める。

思い出と、思い出の残骸。