二度目の退職届

一度目は2017年1月。
その後すぐ転職して、二度目は先月9月。

生きることに焦ってしまっては曲作りをしてもきっといいものなんてつくれないとずっと思ってきたから、これからもお仕事しながら音楽活動を続けていくつもりだった。

好きなことをするにはお金が必要。
旅行も飲み会も買い物も。
私にとってのそれがたまたま歌うことだったから、その為の資金は仕事して稼ぐ。
歌うために、音楽活動をするために仕事に行っていたこれまでの日々。

一日中音楽のことだけ考えて生きることに憧れはあれど、音楽だけで生きていきたい…….とかも正直あんまり思ってなかったし、というか現実的に仕事をしないと成り立たなかったから、仕事と音楽活動へのモチベーションを同じまではいかなくともガタガタにならないように、って考えてた、結果ガタガタだったけど(笑)

ガタガタなモチベーションながらも、仕事するから音楽が続けられる訳でそれならこれだって私にとって音楽活動の一部だ!と言い聞かせ続けてきたお仕事ですが、ここ数ヶ月活動への熱が激しくなり過ぎた結果両立が難しく感じることが多くて。

とはいえ仕事を手放すには不安過ぎる。
たくさん悩んだ。

でも、よく考えたらこうやって仕事を辞めてしまうか悩む日がくるなんて2年前、3年前には全く想像できなかった未来。

無名な私の歌を聴きに遠くから駆けつけてくれる人がいてくれたり。
箱の中で眠るばかりだったCDたちを色んな場所へ届けさせてもらったり。
ライブハウスの方から歌いに来て欲しいと誘って貰ったり。

どれも過去の自分にはあり得なかった、凄いこと。

自分の作ったものを大切に思ってくれたり、
歌を楽しみにしてくれる人のおかげでこうして今も活動できている。
できるわけないと思っていたことをやれている。

こうして積み重ねてみたら、見えなかったものがたくさん見えてきて、
もしかすると、いや絶対まだまだ見えてないものがたくさんありそうな気がしてる。

まだ進んでいけるだけのエネルギーは有り余ってるので、今まで一度もやったことのない「好きなことだけ考えて生きる時間」をやってみようと。

制作や練習、毎日の配信、ユニット、ライブ。
全て大切な私の音楽活動。

一般的にどこからが趣味でどこからが仕事で、何をしたらプロで、何をしないならアマチュアでってもう全部どうでもいい。
私がやりたいことを責任を持って全力でやる。

そしてそれによってどのくらい稼げるかではなく、
自分の作りたいものを作れているか、で自分の価値を決めていきたい。

とか色々言いながら、来月あたりにバイト始めました〜〜〜とか言ってるかも知れないけど(笑)

口では何とでも言えるので、まずはやれるだけやってみようと私なりの決断の話でした。

まだまだ足りないものだらけの私だけど、毎日少しづつでもパワーアップして目の前の人を楽しませたい。

作りたいものを作る人間であり続けたい。

いつも、見守ってくれている方々に心から感謝。

そしてさっき、床に落ちてたクリップ踏んで流血して血が無理すぎてあと少しで失神するところだった、焦った〜!

眠る。