毎日配信1000日目໒・∪ )´

2018年8月6日から毎日続けてきた配信が今月2日で1000日目になりました。
2年と7ヶ月、決して短くない日々の中色んなことがあったし、色んな人に出逢ったし、始めた頃の私と今の私は大事にしているものは変わらないものの活動に対しての考え方の変化も大きい。

まさかこんなに続くことになるとは思っていなかった毎日配信、自分が続けてきたのはもちろんだけど周りの人の理解あってこそのものです。

例えば、家族。
1日1回だけの配信の日もあるけど、参加しているイベントによっては早朝から深夜までやってることも度々ある。
家族イベントが多い家なので、配信合間に時間を合わせてもらったりとか日程を変えてもらったりとか。
何より音楽活動を心から応援してくれている家族あってこそこんなに続けられたと思います。

例えば、友達。
年に何回かあるかないかのレベルだけど、友達との外出だったり職場の飲み会は配信のために途中抜けさせてもらったり、帰ったり。
先に帰る私を「頑張ってね!」って送り出してくれることが有り難かった。
「歌配信するから帰るわ」って飲み会抜けて帰ったはいいもののベロベロでピッチ合わなすぎた日もあったなぁ。懐かしい。

例えば、音楽仲間。
制作期間やレコーディング期間に、頑張りたい配信期間が重なってしまった時。
朝まで終わらないレコーディング合間に配信させてもらっりしていました。
レコーディング中断すればそれだけ時間も伸びる訳だけど「大切にしてるんでしょう、やっておいで」と時間を与えてくれました。

こんな人たちのお陰で自分の大切にしたいものを大切にしてこれたと思う。

そして、画面越しに出逢ってくれた方々。
私のつくるものや言葉をもしかすると私以上に大切にしてくれているかもしれない方々。

お手紙にして記念配信で読んだけど、言いたかったことはそこに全部詰め込んだ気がするのでその内容( ∩ •  ̫•)⊃

—————————————-

詩央里roomで出逢った皆さまへ໒・∪ )´♡

2018年8月6日から毎日配信を続けて今日が1000日です。
元々路上ライブをメインに活動していた私にとって、顔の見えない誰かに向かって歌をうたうことはとても抵抗がありました。
でも、今となっては、画面の向こうにいてくれるあなたに歌を聴いてもらえて、同じ時間を共有できるこの場所がとても大切な場所にあっています。
この1000日のどこかで出逢い、繋がってくれたこと、本当にありがとう。
昨年までは仕事、おんがく活動、SR活動と詰め込んで過ごしていたから、身体を引きずるように家に帰ってきて、もう動けない…って時も配信をすれば待っていてくれる人がいたり、エールを届けてくれたり、不思議とびびるくらい元気になってしまうんです。
100%効くエナジードリンクみたいな。(笑)
自分でも毎回びっくりだったけど、そのくらい「届けてくれるエール」の力は凄いものです。
今、この場所をフォローしてくれている方は940名さま以上いてくれて、配信するたび誰かが星土産を届けてくれたりコメントをくれたりしているけれど、配信をはじめて間もない頃の一度だけ、最初から最後までコメントがないまま配信を終えたことがあります。
その日はスタジオに入ってピアノでの弾き語り配信をしよう!と意気込んでいました。
もしかしたら誰か画面の向こうで聴いてくれている方がいたかもしれないけど、その日の帰り道は凹みながら帰ったのを覚えています。
でもそのたった1日だけです。あとの999日は誰かしら「こんにちは!」「おつかれさま〜!」って来てくれたし、初めましての方が足を止めてくれたり。
観てくれる人を楽しませたいのに、いつも私の方が楽しませてもらっています。
ありがとうございます。
それから、私以上に私を信じてくれていたこと。
ものすごく大きな力を貰いました。
ワンマンをしても会場に来てくれるのは、応援してくれている友達と数人のお客さま。
その頃から見守ってくれている方々や友達には心から感謝しているのはもちろんですが、やっぱり誰かの貴重な時間をいただいて「ライブを観てもらう」ということは本当に簡単なことではありませんでした。
そんな私が3年前にたてた目標が2019年70名様、2020年120名様、2021年300名様に楽しみにしてもらえるワンマンライブを開催したいというもの。
観てくれる人が1人だろうが10人だろうが100人だろうが、全力で歌うし演奏するけど、1人でも多くの方に観てもらえる努力は自分にできることは全部やりたかった。
ワンマン告知を開始して約半年間毎日宣伝したり歌をうたったり、呼びかけたり。
その結果、私にとっては高すぎた目標だった70名様にワンマンのご予約をいただきました。
実際ライブ当日に台風直撃で延期になり、来れなくなってしまった方もいたけど、それでも60名様以上の方が駆けつけてくれました。
遠い場所から何時間もかけてきてくれた方も多く、嬉しいやら感激やらなんだか信じられないことでした。
途中「やっぱり70名様は無理かも…」と思ってしまう瞬間は少なくなかったけど、絶対いける!!と背中を押してくれた人たちの言葉を一生忘れません。
配信、路上ライブ、対バンなど一人一人と出逢った場所は様々ですが、この2019年のワンマンに来てくれた方の8割いやそれ以上がこのSHOWROOMで画面越しに足を止めてくれた方々でした。
昨年2020年もコロナ禍で不安定な状況だったにも関わらず、ご来場と配信で90名様方々にライブを届けることができました。
2019年も2020年も作りたかったものを形にして作品としてリリースすることもできた。
やりたいことを全力でやれるって本当に有難いことです。
だからこそ、ステージも作品も作ることはとことん追求していきたい。
その為なら何だってやれると今は自信を持って言えます。
今年2021年、実現したい脳内イメージを形にするため為進んでいきます。
無所属でどこまでできるか、挑戦はまだ続きそうです。
今、朝から寝るまで音楽の事ばかり考えながら生きています。
こんな幸せな期間がどのくらい続くかは分からないけど、間違いなく配信やライブを楽しみにしてくれる方が居てくれるから思う存分活動できています。
時が経てば考えは変わってもおかしくないし、発する言葉も変化するかもしれないし、作品も変化していくでしょう。
私もそうだし、今聴いてくれているあなたも。
だから「ずっと応援して欲しい。」とか「ずっと好きでいてね。」ってやっぱり違うなって思う。
一人一人との思い出は宝物にしているし、ずっと届け続けたいけど、それはそれ。
エンターテイメントとして、その都度あなたの心に響く何かを私がつくったり発信していたら、足を止めてもらえたら嬉しいです。
それが1回でも、10回でも、何百回でも繰り返されたらいいな。
つくり続ける限りは毎日少しずつでも進みながら待っています。

2021.05.02 詩央里

—————————————————

本当はこの日にバンジージャンプ配信しようと思ってたけど、状況的に記念祭ライブに変更。
真っ先にしんやさんに相談したら「やりましょう!カメラや機材が水に濡れて壊れること以外なら何でもやっていいし、何でもできます!」と言ってくれました。
準備期間もあまりない中でまたもや私の脳内イメージを全部叶えてくれました。
コバスタライブ、お手紙朗読、ぱおり背景へのチェンジ、抽選会、ドーナツタワー、特大クラッカー、MVやライブ映像放映、やりたかったこと全部できた!

しんやさん、ありがとう(´•ᴗ•̥`)

毎日配信楽しみにしてくれる方も、久々な方も、つい最近繋がってくれた方も、なんならこの日に見かけて立ち止まってくれた方も同じ時間を共有できていることが改めてとっても幸せでした。
たくさん盛り上げてくれてありがとう!

この日色々と受け取ったものが多すぎて数日余韻を引きずりました。
幸せの余韻。

ー05.02記念祭LIVEセトリー

記憶
愛なき場所
ここにいるよ
Stages
タイヨウのうた(Kaoru Amane)
何度も出逢いたい
確かに進んだ道
新月の夜に
breathing
いまの夢
鱗(秦基博)
空っぽ
手を繋いで輪をつくろう