マルコプロジェクトvol.3@大塚Shisuideux

2022年初ブログ!
今年もわちゃわちゃな一年になりそうな予感。

さて、年明けてすぐにお気に入りのレストランにてライブがありました。
大塚にあるShisuideuxというイタリアンレストラン。

ほのかさん企画のライブでもう何度も行かせて貰っている大好きな場所。
ライブじゃなくてもご飯食べにも何回か行ったなぁ、ご飯が全部美味しいの、ほんと。

マルコプロジェクトは、ほのかさんが企画している犬猫保護活動の支援を募る内容も兼ねたライブイベント。
会場内に募金箱が設置されていたり、演者やお客様が持って来た保護施設で使用するための新聞紙やタオルを集めたり。
ほのかさんが犬猫保護活動をもっと広げていきたいとかいた「マルコ」という曲があってそこから「マルコプロジェクト」が生まれてる。

▼マルコ/ほのか

2年前に開催されたマルコプロジェクトvol.1も出させてもらっていたので2度目の出演でした。

年始だし平日だし、そんな夜なのに満席の会場( ; ; )

お仕事終わりに仕事着のまま駆けつけてくれてる方が殆どで、こんな風に聴きに来てくれる人がいてくれることが有難いし、その人たちのお陰で歌っていけてるんだなぁ、としみじみ。

演者は3名。

もう長い付き合いほのかさん、初めましての長澤明日香さん、そして私。

ほのかさんきっかけで本気の音楽活動始めたといっても過言ではないくらい色々とお世話になってるのでいてくれるだけで安心できる。

明日香さんは初めましてだったけど、なんかすぐ打ち解けて嬉しかった。
よく歌いに行かせてもらっている新潟県の長岡市出身だったり持ち物やグッズが同じだったり、面白くなっちゃうくらい共通点が多くて楽しかったなぁ。

リハ終わって、ほのかさんとちょっとお買い物に出た。
なぜかコート着て出るの忘れて寒すぎた。
ドンキ行ってパン屋行って、雑貨屋行って。
雑貨屋で今日つけるためのほのかしゃんイヤリング購入!

「これかわいい!」
「いいね、こっちもほのかしゃんぽいよ!」
「どっちもかわい〜〜〜う〜〜ん、迷う。こっちにしよ!」

この感じ好き。
欲しいと思ったものに出逢えた時は買うが吉!

開演。
まずはほのかしゃん。


久々に聴くほのかボイスにホーム感というか懐かしさみたいなのも感じてしまった。
前はよく一緒に歌ってたからね。
ほのかしゃんステージを見るなんか背中が切ない私(撮影: しんやさん)

途中ほのかしゃんステージにお邪魔して、共作の「38.4℃のぬくもり」という歌をうたった。

コードをRAIKUんが、そこにメロをほのかさんが乗せて私が言葉を書いた歌です。
また3人でも歌いたいなぁ。

一緒に犬猫保護活動をするようになってもう何年経つかな、4年?もっと?
1ヶ月に1回、埼玉県にあるシェルターに行っています。
元々ほのかさんが行っていた場所に私も行くようになった感じ。
今ではお気に入りの場所であり、パワーチャージできる場所。
ペットショップに並ぶ子たちと何の変わりもなく可愛い子たちがたくさんいます。
違うのは辿ってきた過去。

家族の一員として喜んで迎えてもらったはずなのに人間の都合で辛い過去を背負ってしまった子、ペットショップで売るための赤ちゃんを産み続けてボロボロになってやっと解放された子、劣悪な環境で放置されていて保護された子、色々です。

ネットで調べると目を背けたくなるような内容がたくさん出てきますがどれも私たちがつくりあげてしまっている現実。

でも、シェルターにいる100匹とかそれ以上の子たちはそんな過去を背負ってても人間に愛を持って生きている。
人間を見るだけで震えが止まらない子もいるけど、そんな子たちもボランティアの方々の愛情を受けて少しずつ心が回復してる。

私は彼らに会うたびに愛を教わってる気がしてる。

初めてシェルターに行った日、見た光景と受け取ったものを曲にしています。

▼ここにいるよ/詩央里

明日香さんのステージは、かっこよかったり可愛かったりが交互に来る感じが心地よかった。

「ハンバーグ」という曲が印象的。
その日のお昼ハンバーグ食べたんだよね私…!
あ!MV発見!
▼ハンバーグ/長澤明日香

詩央里セトリ。

命ある証拠
ここにいるよ
犠牲の海
空っぽ
このゆびとまれ
確かに進んだ道

すごく集中して歌えた夜でした。

共演者さんの安心感なのか、好きな会場だからなのか、聴いてくれる人ひとりひとりがつくる空気感のお陰なのか、どれかなのか全部なのか分からないけど。

命ある証拠ではじまって確かに進んだ道で終わりたかった、なんとなく。

MCでも珍しく言いたいこと言えてすっきり。
つくってたMCカンペは楽屋に忘れたけど。

頷きながら聴いてくれる人、じっと聴いてくれてる人、楽しそうに聴いてくれてる人、色んな姿が見えて嬉しくなった。

Shisuiの投げ銭ライブ、終演後自分で箱を持ってテーブルを回るシステム。
だいぶ勇気がいるシステムだけど、ここに集まる方々はいつもとても優しくて、何なら一人一人と話せるきっかけにもなってる。
いつも応援してくれている方も、初めましての方も、一言添えて投げ銭してくれたりするけど、その一言がいつもすごく嬉しくて忘れられない言葉たちです。
その場での生での感想というか、ほやほやの言葉というか。宝物。

場所がどこであろうと生ライブにこだわって聴きに駆けつけてくれる方々の姿があまりに嬉しかったり、会場で2度目ましてや3度目ましての方がまだ持ってないCDを持って帰ってくれたり、初めましてで全CD持って帰ってくれた方がいたり。

今日歌いに来て良かったーーーーーーーーーーーーーーああ!て思わず叫んじゃったよ!

美味しすぎるまかないご飯までいただいてしまった、幸せ。
幸せすぎるんだけど!って何回言ったか分からないな。。(笑)

帰りはしんやさんが車で送り届けてくれておんぶにだっこに肩車すぎて申し訳ない気持ちもたくさんでもある中、今異常に首と肩が終わってるので身体的にすごく助かりました( i _ i )

帰ってからの余韻ひたひた時間は観てくれた方がSNSにアップしてくれてるライブレポートを何度も読む。
その日自分が発信したものがどんな風に受け取って貰えたのかってすごく気になるし知ることができるなら知りたい。
言葉、歌、衣装、MC、なんでも受け取ってくれた側の「こう感じた」の言葉は投げたボールが返ってきたような気持ちになる。
もちろん、必ずしも何でも言葉にすることが正でもないのでしまっておきたい言葉はしまっておいて貰えたら嬉しいんだけど。

そんな感じでとにかく幸せな1日でした。
今思い返しても幸せな気分になる。

前半はチワワのメロンちゃんが会場を自由に歩いていましたが、可愛かったな〜〜〜

ほのかさんが歌ってる最中もステージに上がってウロウロ。
ほっこり絵すぎた。

動物にトラウマがあるって言ってた方も、メロンちゃんはとってもいい子で撫でれた!数年ぶりに動物と触れ合った!って方もいてこのイベントの意義を感じた。
最高じゃん!

と、今日しんやさんが撮ってくれてた写真を送ってくれて写真が良すぎて、書きたくなったライブレポブログでした。

1月はライブがアツい!

無観客配信に切り替わってしまったけど14日(金)はAnnaさんとツーマン。アツ!

30日(日)は阿部浩二さんとツーマン。アツい!

31日(月)は初めてのGRAPES KITASANDO!アツー!

全部観てほしいよ!どうしよう!
お風呂入ろ!