Who I am

Who I am = これが私という人間

という意味で通常使う言葉ですが、私は

Who I am = これが私の曲

という意味で使いました。

現在制作中のアコースティックミニアルバムも、
2/3のレコ発ライブもこの同じタイトルにしています。

路上ライブや、配信、ライブハウスでのライブ、流し、どこであっても、どこに知られる訳でもない私の歌たちに足を止めてくれた方へ、私はこんな曲を作っています、と言葉じゃない形で伝えられるものを作りたくて、今回に至ります。

日が経てばどんな感情も悔しい程に薄まっていくもので、
忘れたくない感情は忘れないうちに形にしたくて、曲ができます。
悲しみも喜びも痛みも、薄まらずに身体がビリビリするくらいの時が1番綺麗な気がしてる。

Who I am とタイトルを付けた背景を聞きたいと言ってくださった方がいたので書いてみました。

読んでくれてありがとう。

ミニアルバムも、2/3のワンマンもよろしくです……!