先頭に立つ

行きたいところに向かう時、それが誰かを巻き込んで進むなら自分は先頭に立つ。

風でも槍でも受けるけど、自力で立ち上がれなくなる瞬間も当然にある。

振り返った時に見える姿が随分増えた。

それが持つ力の大きさを思い知る瞬間を現時点でいくつも通過した。

辿ってきた道と同じくらい、振り返って見える人の姿もまた私の人生を映してる。