詩央里3rd Album 「雨ノチ明日芽吹ク」 2020.11.07 Release

昔から感情のはけ口は文字にすることだった。
嬉しいも悲しいも怒りも憎しみも。
何年も書き溜められた言葉たち。
丁寧に書いたページ、殴り書きのページ。
それらがいつしか音となり歌となった。
書いたのは全て自分のこと。
誰かに見せる為でも誰かを救う為でもない。
そんな私の生きた日々から溢れた言葉が音となってあなたの日々の傍にいれるのだとしたら。
それは、とても嬉しいことです。

詩央里3rd Album 「雨ノチ明日芽吹ク」

1stアルバム「To my brothers」、2ndアルバム「咲く意味は」に続く3rdアルバム「雨ノチ明日芽吹ク」がこの秋リリース。
これまでの詩央里の全楽曲の編曲を担当した白石なるとのデュオ作品。

2020年11月7日のワンマンライブにて、白石なるの歌うグランドピアノと詩央里の声を載せてお届けします。

Coming Soon...

詩央里

シンガーソングライター。1992年10月23日生まれ。北海道生まれ東京育ち。
当たり前に過ぎていく日常の刹那に浮かぶ言葉を、時には語り掛けるように、時にはドラスティックに歌い上げる。それは貴方の心を包むように、心にささるように。

現在は路上、バー・レストラン、ライブハウス、SHOW ROOMとさまざまな場所で活動中。
詩央里brothersという仲間と共にバンドサウンドでのアルバムをこれまでに2枚リリース。
自分の生きた日々から生まれる言葉を作品にして届けている。

白石なる (shiraishi NAL)

1990年神奈川県横浜市生まれ。
14歳のころ独学でピアノをはじめ、16歳で作編曲の勉強をはじめる。大学在学時よりロックバンドやジャズバンドでの演奏活動をはじめ、大学卒業とともに作曲家としてのキャリアをスタートさせる。

現在は環境音楽作家として舞台や映像作品、展覧会やラウンジスペースなどのための音楽を作る活動を行っている。また、自身のリーダーバンドであるピアノトリオのNARUTRIOや、30人編成の大所帯お祭ロックバンドのオワリズム弁慶など、様々な所属での演奏活動を行っている。
これまでにピアノを伊藤みどり、山田亜由美、エレクトーンを西山淑子、吹奏楽法を村松功介の各氏に師事。昭和音楽大学音楽芸術運営学科アートマネジメントコース卒。

Release Event

フルアルバム「雨ノチ明日芽吹ク」レコ発LIVE"蓮の花びらに記憶を託して"

2020/11/07(Sat)

会場:恵比寿天窓.switch

開場 18:00 / 開演 18:45

チケット:¥3,000 (ご来場の場合別途ドリンク代をいただきます)

感染症対策のため、お客様のご来場は45名様限定とさせていただきます。ご了承下さい。

配信用チケットは恵比寿天窓.switchツイキャスアカウントでのご購入となります。配信当日は恵比寿天窓.switchのツイキャスアカウントにてご視聴下さい。